​第7回鎌倉市まちづくりプランコンテスト

​主催:鎌倉市まちづくりプランコンテスト実行委員会

企画・運営:NPO法人minamo

​共催:鎌倉市

​後援:公益社団法人鎌倉市観光協会鎌倉商工会議所tvk(テレビ神奈川)鎌倉エフエム放送株式会社

協力:東京工芸大学芸術学部マンガ学科

​協賛:大船観音寺篠原総合法律事務所NEKTON大船

(順不同)

Copyright ©2015 kamakura Community Development plancontest, All right reserved.

第7回鎌倉市まちづくりプランコンテスト・実行委員紹介

委員長​

新川智哉 Tomoya Niikawa

文教大学経営学部4年

 第7回鎌倉市まちづくりプランコンテスト実行委員長を務めております、文教大学経営学部経営学科4年の新川智哉と申します。

 鎌倉市の新しいまちづくりのきっかけになることを目的として始まったこのコンテストも、第7回目を迎えることとなりました。これまでに多くの大学生・専門学生の方からプランを応募をいただき、学生のまちづくりへの関心の高さを実感しています。

 昨年、鎌倉市は全国でわずか10都市のSDGs(Sustainable Development Goals:2015年に国連サミットで採択された持続可能な開発目標)未来都市・自治体SDGsモデル事業に選定されました。新たなまちづくりが進む中、皆さんは鎌倉市をどのようなまちにしたいですか?自分だったらこうする、こんな鎌倉市だったら嬉しい、といった思い・熱意をプランに書き起こして応募していただければと思います。

 たくさんのご応募、お待ちしております。

​学生委員

金田奈那子(鎌倉女子大学児童学部2年)

塚越渓(文教大学国際学部3年)

豊田珠希(鎌倉女子大学家政学部2年)

​スーパーバイザー委員

大橋祐哉(文教大学卒・芝山町役場公務員)   

小田知典(文教大学卒・株式会社マイナビ神奈川支社)

金子和雅(文教大学卒・会社員)        

高崎諒平(湘南工科大学卒・ネットワーク運用)

東郷静(鎌倉女子大学卒・横浜市教職員)

平田裕史(日本大学卒・株式会社ワールドインテック)        

屋ヶ田友紀(東京工芸大学卒・NPO法人minamo理事長)

矢作修(NPO法人minamo副理事長)                 

山本美穂(鎌倉女子大学卒・川崎市教職員)

渡邉磨哉(阿佐ヶ谷美術専門学校卒・デザイナー)

第7回鎌倉市まちづくりプランコンテストのフェローの皆様のご紹介

小野田康成(大船観音寺護持会会長)

中島光一郎(合同会社NY2社員)

細萱敦(東京工芸大学芸術学部教授)

松岡和彦(阿佐ヶ谷美術専門学校教員)

水谷智賢(寒川神社・神職)

矢萩邦彦((株)スタディオアフタモード代表取締役CEO)

2019年4月時点 

(五十音順・敬称略)